施工実績

屋根 カラーベスト塗装  遮熱塗料 Vol.1

 

大阪府豊中市の外壁塗装、内装専門店の㈱One Stepです!!!

 

 

このブログの「良い1日!!」でご紹介させていただいた、W様邸のお隣のY様に今回ありがたくも受注をいただきました。

 

夏は当たり前なのですが、2階のお部屋が暑すぎるとの事・・・

せっかく再塗装するならば、屋根には遮熱塗料をと提案させていただきました。

 

遮熱塗料といってもいろんなメーカーからたくさんの種類の塗料が出ていて、価格にもかなりの開きがあります。

 

下の写真のような、工場などスレート板1枚で屋根や壁を造っているようなところには、

太陽に焼かれたスレートの熱がそのまま工場内に伝わっていきます。

 

 

高価な遮熱断熱塗料を塗装すると、このような状況ではその効果はかなり期待できます。

さすがに冷房機器を取り付けるわけではないので、涼しいとまではいきませんが、

工場内で働いている人たちが「呼吸が楽になった!!!働き易くなった!!!」と言われます。

実際、One Stepも工場等には「チルコート」http://www.chirucoat-inc.comなどの遮熱断熱塗料をお勧めしています。

 

 

しかし(・∀・)

 

一般の住宅には屋根材の下に断熱材(グラスウールやスタイロフォーム)というものが敷き詰めてあります。

 

 


その下には小屋裏(屋根裏)という空間があり、

 

 


これらで屋根材の熱が部屋の中に伝わらないようにしています。

 

部屋の中の外気温との熱交換が1番大きなところは「窓」になります。

窓に手を加えないで高価な遮熱断熱塗料の費用対効果は・・・?

本当に必要なのか??   疑問が残ります。

 

お客様の過度なご負担にならないように、通常の塗料とあまり価格の開きが無く遮熱効果の高い材料をOne Stepはお勧めしています。

今回お勧めさせていただいた材料は、「関西ペイントのアレスクール」という材料です。

 

 

他メーカーにもこの材料と同等品のものはあるのですが、私の経験上他メーカーの材料と比較してみると、

「アレスクール」が費用対効果が大きいと思われます。

最低10年以上は品質を保たせる工事を行いたいとスタッフ一同、いつも心がけているので

いくら遮熱性が高くても、塗料の品質保持期間が短いものはお客様にはお勧めできません。

 

材料のお話はこれくらいにしておいて、次回は実際工事の様子をお伝えさせていただきます!!!

 

 

店舗工事、戸建、マンションの塗装で、お困り・お考えでしたら、
どんなことでもお気軽にOne Stepにお問合わせください!

 

 

 

 

2016年09月01日 (土)

pageTop